「夢が抱ける学校」−秋多中学校 

 
校 長  望 月  一 広


 
 秋多中学校の生徒と教職員は、学校を「夢が抱ける学校」にしようと努力を続けています。
 そのためには、秋多中学校に集う一人一人が「他人に対する思いやりの心」をもつことが必要です。
 特に秋多中学校では、「いのちの教育」を通して、いのちを慈しむ心を身に付けさせ、人間関係の大切さや生きるために必要な知識・技能を学ぶとともに、「他人に対する思いやりの心」の育成を図っていきます。
 また、秋多中学校では学力の向上を目指します。学力とは、ただいわゆる、各教科(国語や数学、英語等)の点数だけの向上を指してはいません。決まりを守ることや人の考え方を理解すること、人との接し方を身につけること、協調性や責任感をもつこと等、生涯にわたって生きていく上で必要な基礎を学ぶこと、それが学力であり、秋多中学校では、この学力の向上を目指します。
 本市が推進している特別支援教育の考え方に基づき「主体的・対話的で深い学び」の要素を導入した授業や教室環境の整備を行うとともに、一人一人の生徒の教育ニーズに沿った支援をしていきます。「オリンピック・パラリンピックアワード校」として日本の伝統文化の理解と体力の向上を目指し、「スーパーアクティブスクール」として運動が苦手な生徒や運動部に所属していない生徒へ運動や体育支援をしていきます。
 「夢が抱ける学校」−秋多中学校の教育活動に対し、保護者・地域の皆様の御支援・御協力を御願いします。

平成30年度学校経営計画

平成29年度「いのちの日」校長講話

生命の尊さ
LONG−SLOW−DISTANCE