平成26年4月に、本校の校長として着任しました。(前任校は市内増戸小学校で、5年間校長として勤めさせていただきました。)
 赴任してまず印象的だったのは、学校を取り巻く自然環境です。本校の南側には加住丘陵の緑が鮮やかに輝き、その下を秋川の清流が流れています。また、校舎の横には畑と田んぼが広がり、子供たちが自然に親しんだり栽培学習に取り組んだりする絶好のフィールドとなっています。
 北側には住宅地、市役所庁舎、駅前の商業地が広がり、実に多様な環境が混在する学区域です。このバリエーションに富んだ豊かな環境の中で、南秋留小学校の子供たちは、素直に、伸び伸びと成長しています。
 赴任して1か月余り(5月12日現在)が経ち、この間、お祭りに参加して地域の方たちと交流したり、PTAと一緒に秋川河川敷の清掃活動をしたり、子供たちを誘って市のスポーツレクリエーション大会で学校対抗リレーに出場したりという経験をしました。
 
 校長  遠藤  裕孝
 やる気に満ちた子供たちや、情熱的な保護者・地域の皆様と触れ合い、新たな学校・地域での教育展開に、期待と、意欲が沸々と湧き上がってきました。
さて、本校は今年度、都の「人権尊重教育推進校」、「オリンピック教育推進校」の指定を受け、両研究に取り組みます。
また、あきる野市教育委員会の重点施作と関連を持ちながら、@いじめ不登校0への挑戦 A学力向上対策の強化 B体力向上・健康増進に向けた取り組み C特別支援教育の推進 D豊かな人間性を育む教育の推進 E教育情報の提供 の6つを重点に掲げて教育活動や学校運営の充実に取り組んでまいります。
今年度からスタートした秋多中学校との小中一貫教育を一層推進するために、これらの取り組みのいくつかを中学校の教育活動とつなげ、義務教育9年間で子供たちがより大きく成長するように努めてまいります。
 今年度は、「教育情報の提供」を重点の一つに掲げています。ここで述べた取り組みの様子や成果について、このHPや、校長ブログ「校長日記 〜生き生き南秋留小〜」などでご紹介していきます。